目元のたるみを解決!何歳になっても輝く私を見て

先生

治療による注意点

顔を触る人

目のリフトアップ治療

目元のシワやたるみを美容整形で改善する場合は、切開する手術か切開しないプチ整形かを選ぶ必要があります。目の下のたるんでいる脂肪をしっかり取ることができる切開する手術が脱脂法です。脱脂法は、下のまぶたの内側をレーザーメスで数ミリ切開して、そこから脂肪を取り除く美容整形です。脱脂法の場合、たっぷりと目元についた脂肪を一回の手術でなくせるのがメリットです。目の下のたるみがひどいときに効果的です。ただし、切開を伴う手術であるため、慎重にクリニックを決めることが大切です。出来る限り複数のクリニックにカウンセリングに行ってから一つに決めるのがおすすめです。切らない方法で簡単に目元のたるみを解消したいなら、切開をしないプチ整形がお勧めです。コラーゲンやヒアルロン酸を注入するプチ整形なら、切らないでたるみをなくせます。ヒアルロン酸は肌になじみやすいので仕上がりが自然になり、人体に無害です。ただし、動物由来のヒアルロン酸やコラーゲンはアレルギーが出やすいので、非動物由来のものを使うことをお勧めします。目の下たるみといっても様々なケースがあります。よくあるのが、黒いクマができて、それが影になってたるみのようになっているケースです。黒いクマは、紫外線や乾燥、摩擦による刺激が原因でメラニンが生成されて発生します。あるいは目の使いすぎによる眼球疲労や血行不良も、原因に挙げられます。無意識に目元をこするくせがある人は、目の下に黒クマができやすいので注意が必要です。黒クマの改善には、レーザーやライムライトなどの照射が効果的です。照射をすることによって肌が白くなるばかりでなく、弾力やハリがでて美肌になります。光線を照射する治療は効果が高いですが、目の周りのバリア機能が低下して乾燥しやすくなります。バリア機能がないまま紫外線を浴びると、メラニンの発生リスクが高まるので注意が必要です。保湿効果が高いクリームや紫外線をカットする日焼け止めクリームをこまめに塗ることが、目元のシワやたるみやクマの予防に繋がります。